雪月花
「雪月花」へようこそ。月刊LaLaにて連載中の「狼陛下の花嫁」の二次小説を書いてます。心赴くままに更新していきますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近づく距離
夕鈴は後宮の自室である書物を読んでいた。それは紅珠が貸してくれた(というか、感想をお聞かせくださいませ・・・!とせがまれていた)書物なのだ。普段の夕鈴はこういう、恋愛色が深い読み物をすることはない。しかし、彼女を姉と慕うかわいい紅珠のお願い事なのだ、できることならかなえてあげたい。

「――あなたと共に過ごせる毎日は、わたしにとって珠玉の日々なのです。あなたを知らなかったころに戻るなど、とうてい考えられません・・・って。貴族の女性達にはこういう言い回しが好きなのかしらね。私にはよくわらかないわ」

なんて感想をいうべき?とても素晴らしいお話でした?うーん、ありきたりな感想になっちゃうわ。続きをよむため、再び視線を書物におとす。

「ええと、君と--」

「君とともにいられるのならば、私は地位も権力も、家すらも捨ててみせよう。君が私とともにあるならば、他のものなど、とるにたらぬこと--新しい書物だね、最近こういうの好きなんだ?」

聞きなれてる声に振り向くと、陛下が横から覗き込んでいた。心臓に悪い現れ方を!あわてて書物をとりかえそうとやっきになる夕鈴。が、いかんせん陛下とでは身長差がありすぎる。小柄な夕鈴はどんなにがんばっても、書物にふれることすらかなわなかった。

「~~~っ、返してくださいよ、陛下。まだ読んでるんですよ」

「えー?こんなの読まなくてもいいじゃない。--私の言葉だけでは、足りないということか?夕鈴」


ちがう、これ以上過剰な夫婦演技なんて私には無理!・・・でも、『プロ妃』なら、この場合、陛下にどう返すべき?夕鈴はそっと顔をあげ、「妃」の顔で微笑む。

「いいえ。陛下のくださる言葉だけが私を満たしてくれるんです」

決まった!内心ガッツポーズをする夕鈴。だが・・・

「そうか。しかし、言葉だけではわからぬこともある。そうだろう?夕鈴」

ぐっと腰を引き寄せられ、気づけば陛下の腕の中。逃げられぬよう力強く抱きしめられ、見上げれば間近に陛下の顔が。あわてて俯こうとするも、顎をつかまれていやおうなしに、視線をかわすことに。どきんっ、と心臓がはねあがるも、簡単に逃げ出せそうにない。

だんだん二人の距離が縮まる。どきん、どきんと心臓が早鐘をうってとまらない。ぎゅっと目をつぶったときほおに柔らかな感触が。驚いて目を見開くといたずらに成功したように嬉しそうな顔の陛下が。

「なっ、なっ・・・なにするんですか!陛下!」

「もちろん、ほおに口づけだよ、ゆーりん♪・・・それとも、唇のほうがよかったかな?」

クス、と笑いながらゆっくりと夕鈴を解放する陛下。真っ赤な顔になって口づけされた頬をおさえる夕鈴。ダッシュの姿勢をとって、すかさず逃げ出す。

「もう、陛下なんか知りませんから-―っっ!」

後ろから陛下がたまらない、といったように笑い出すのが聞こえた。





スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://karin3106.blog.fc2.com/tb.php/7-aab3f046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。