雪月花
「雪月花」へようこそ。月刊LaLaにて連載中の「狼陛下の花嫁」の二次小説を書いてます。心赴くままに更新していきますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下町騒動(前編)
夕鈴は今、几鍔のおばばさまにこきつかわれる毎日を送っていた。本当に、休む間もなく。一日が終わると、へとへとになってしまうが、疲れた様子を青慎には見せられない。そのため、夕鈴はいつになく気を張っていた。

「姉さん、本当に大丈夫なの?最近、いつもより疲れが見えるよ。僕、塾を休んで姉さんの代わりに―――」
「だめよ、青慎!これは姉さんが、任されてることなんだから。何も心配せず、塾にいってきなさい」
「――――はい。行ってくるね・・・」

何度も振り返りながら、青慎は塾へといった。姿が見えなくなるまで手を振り、見えなくなったとたん、はあっっと息をつき部屋に入り座り込む。だがそれも、ゆっくりはできない。几家にでむかなくては。よし!と気合をいれると、夕鈴は几家へとむかった。

「遅いよ!あんたはアタシの小間使いだろう、遅れるとは何事だい!」
「はいっ、申し訳ありません!ただいまお茶をお入れいたします!」
「すぐにだよっ、ああ、それが終わったら仕入れにいくからついてきなっ!」
「はいっ、わかりました!」

今日も容赦ないわね、几鍔のおばばさま・・・ぱたぱたと動き回りながら、この感じほんっと李順さんを思い出すわ・・と遠い目をした。あのしごきがあればこそ、今のしごきに耐えられているのだ。ある意味、李順さんに感謝をしなくては。

「―――大丈夫なのか、夕鈴。おまえ、いつもの覇気がねえんじゃねえの。つらいなら、仕入れおれが代わりに」
「大丈夫だったら!変に気を使わなくて結構よ、几鍔!あんたはあんたの、仕事があるんでしょ」
「素直じゃねえなあ、相変わらず。そんなんだから、おまえはもてないんだよ」
「うっさい、ほっといて!いまからおばばさまにお茶出すんだから」

つい、と几鍔をよけると夕鈴はお茶の用意をもっておばばさまのもとへと向かっていった。その背中を几鍔がじっとみつめているとも知らずに。

「たまには、人を頼るってことも、必要なんじゃねえの、あいつ・・・・・」

壁によっかかりながら、ぼそっとつぶやく几鍔。そこへ、聞きなれた声がした。あの、いけすかねえ奴の声が。

「ねえ、几鍔くん。夕鈴、いつまで夕鈴は、手伝いをしなくてはいけないのかな?」
「!おまえ、いつの間にオレの後ろに・・・。わかんねえよ、オレだって早く終わればいいと思ってるさ」
「ふうん、そう。几鍔くん、ひとつ聞きたいんだけど、あのね――――――」

その後聞いた言葉に、几額は目を見開いた。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://karin3106.blog.fc2.com/tb.php/23-646e9d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。