雪月花
「雪月花」へようこそ。月刊LaLaにて連載中の「狼陛下の花嫁」の二次小説を書いてます。心赴くままに更新していきますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月号感想
春の宴が終わった、白陽国・王宮。夕鈴は陛下に「プロ妃的アンケート」を行います。「春の宴」が成功しても陛下の反応は今イチだったのは――――それは調査が足りなかったのよ!!と。ゴゴゴゴゴ・・・・と夕鈴は新たな目標「お役立ち・プロ妃」を目標にします。

陛下が周宰相とお話し中に、補佐官に正式に任命された柳 方淵と氾 水月にリサーチします!陛下について、です。二人にしっかり聞こうにも口論になって、あんまり聞けなかったみたい。

掃除婦のバイトで浩大と老師に「春の宴」で柳家筋の舞姫が陛下のそばにいたことを、「陛下が浮気」した、と例のごとく、はやしたてると、今回の私の萌え(笑)ポイントです。

「陛下は女ったらしの演技が上手なだけでっ 誠っ実な人なんですからっ!」

目が点になってます老師と浩大。陛下、後ろできいってて、浩大は笑いをこらえ、老師は「せーじつ・・・」とつぶやきます。で、次のページに行くと、かっこいい李順さんがっっ(笑)いえ、陛下が一番ですが、最近方淵・水月・李順さんにも目がいくんですよ(笑)っと、話それましたね。

そして、陛下と宰相の場面で国内の政情が宰相から口上があり、陛下が答えるというところも。そこで、宰相のぷぷっと笑ったところ。

「ある日、夫婦にはふいに心が通わなくなる障害が訪れるそうでございます。・・・その名も倦怠期と申しまして・・・」

何が言いたい、と陛下が言うとひとりごとにございます、って(笑)方淵と水月が仲良く(?)話す場面では水月が、妃(夕鈴)が陛下に普通に恋でもするかのように、陛下のために歩き回る、あの陛下がそばにおかれるのがあのお妃様だということが、私には興味深い、といいます。

最大の萌えポイントです。夕鈴が仮眠中の陛下のそばに近づいたら、陛下がぐいっと夕鈴を抱き寄せます。宴が終わったのになぜあの二人と話すのか、僕のことはもう、飽きちゃったの?って(爆)うわぁ、音声入りだったらもっと萌えそう。。胸がきゅっと痛くなるような陛下の切ない表情がポイントでしょうか。夕鈴かなりどきどきしてますね。恋心をもてあましてるんでしょうか。

次号またあらたな展開みたいです。もう次に心とびそうですね(笑)
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://karin3106.blog.fc2.com/tb.php/20-403fe904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。