雪月花
「雪月花」へようこそ。月刊LaLaにて連載中の「狼陛下の花嫁」の二次小説を書いてます。心赴くままに更新していきますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見合い
「お見合い、ですか?なんでまた急に」

訝しげにこちらをみてくる李順さん。私は父からの手紙を差し出しながら説明する。父の知り合いの商家の息子と会うことになっているらしく、むこうがぜひに!と請われてのことで、断れなかったということだった。手紙を読み終えた李順さんは、仕方ありませんね、と頷くと3日間の休みをくれた。気乗りしないけれど、父さんのためだもの、会うしかないわ。その足で私は下町へと戻っていった。

「姉さん、おかえり。早かったね」
「ただいま、青慎。しばらく帰れなくて、本当にごめんね。お見合いだけしてくるわ」
「ねえ、姉さん。この間のその・・・李翔さんはいいの?姉さんの恋人なんじゃないの?」

青慎の何気ない問いに陛下を思い出し、どきんと胸が高鳴る。陛下には黙ってでてきちゃったし・・・後で狼陛下で怒られるかなあ。それとも、子犬でしょぼんとされる?いずれにしても内緒で来たのは間違いなく。

「姉さん?」
「な、なんでもないわ。お見合い相手の人の家はどこ?行ってくるわ」
「あ、ごめん。王旦那の家だよ、わかるよね?行ってらっしゃい、姉さん」
「うん、いってきます。なるべく早く帰るわね」

青慎と別れてから、王旦那の営む商家をめざして歩いた。しばらくいくと、「王商家」という看板がみえてきた。前までくると、人のよさそうな青年がたっていて、私を見てにこりと笑って挨拶してくれた。

「はじめまして、夕鈴さん。子英と申します。このたびは、縁談をうけていただき、ありがとうございます」
「いえ、こちらこそ、この度はありがとうございます」
「立ち話もなんですし、入りましょう。どうぞ、こちらへ」

子瑛さんが案内してくれた部屋は小奇麗に掃除されており、気を配ってくれているのがわかった。にこにこと、人当たりのいい笑顔をうかべる彼。お茶を出され、口をつけながらそっと子瑛さんをみてみる。王旦那の息子さんだけあって、しっかりしてそう。沈黙の中、先に口火を切ったのは、子英さんだった。

「夕鈴さんは、この縁談をどう思われますか?」
「どう・・・っていうと?」
「僕はこの王商家を父以上に大きくしたい、と思っています。それに夕鈴さんがいてくれれば、頑張れる、そう思うんです。前向きに考えてくださいませんか?お互いのことは少しずつ知っていけばいい。お願いします、夕鈴さん」
「子英さん、私・・・・・」

返事をしようとすると、後ろから抱きしめられた。前には子英さん。じゃあ、後ろは・・・?

「悪いね、夕鈴は僕のものなんだ。誰にも渡すわけにはいかないんでね。行こう、夕鈴」
「へ、李翔さん?どうしてここに・・・!?」
「ごめんね、李順に聞いちゃった。夕鈴が僕以外の誰かのものになるのか、って思ったらいてもたってもいられなくて」
「待ってください!あなたは一体誰だ?人の見合いを邪魔して、何を考えてる?」

子英さんの静止の言葉にぴた、と歩みをとめた陛下は、私の肩を抱きながらにっ、と微笑んだ。

「僕は、彼女の旦那さんだよ。君に彼女は渡せないよ、他のだれでも渡さない」

口端は笑っていたけれど、陛下の目はけして笑っていなかった。びく、とした子英さんに私は頭を下げた。

「ごめんなさい、子英さん。このお話、お断りします。ほんとうに、ごめんなさい」
「――――君は、本当にその男が好きなのか?」

子英さんは真剣に私のことを見つめているので、私も真剣に答えた。

「ええ。好きです」
「わかったよ。そこまで言われたら仕方ない、僕はひくことにする。幸せにね、夕鈴さん」

子英さんに見送られて私たちは「王商家」をあとにした。連れだって帰ると、青慎にやっぱり・・・という顔をされた。休暇の間、下町を案内したりしてまあ、楽しい休暇だったかな。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://karin3106.blog.fc2.com/tb.php/19-a8c1e743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。